FC2ブログ
あなたとともに・・・VOL-NEXT社員の日記です。
2005年04月20日 (水) 22:55
4月、あたらしい学年の最初の月は
どこの学校でも「保護者会」があります。
長男は中3。義務教育最後の年だし、5月には修学旅行もあるし
連絡事項がたくさんあるはず、と予想して
3年生になってはじめての保護者会に出席してきました。

ところが、全体保護者会も、クラス別の保護者会でも
修学旅行の「しゅ」の字も出ませんでしたね。
話の内容は徹頭徹尾「高校受験」のこと。
受験は、親子の話し合いと、親の協力がなくてはならない、
そのために、今から、目的意識を持って、ゴールをめざしてほしい、と。

都内でも有数のマンモス校で、
授業が厳しく学力も高い中学なのですが
中3のはじめの保護者会で、いきなり
「あなたは受験生の親なのだから、自覚しなさい!」と
横殴りされるとは思いませんでした。

これから、学校のととのえたスケジュールに従って
一斉テスト、三者面談、学力調整の補習が何度も行われます。
そうして冬までに
子供の学力を認識し、
どういう方向に進みたいか、親子でよく話し合い
そのための適切な進路を探り、
就職するのか、高校を受験するのか
どこを受けるのか、を決めていくことになります。

かなりの不安と焦りを植えつけられて、帰宅したのですが
帰りながら
なんだか似たようなことが以前にもあったなあ・・・と思いました。

乳がんの告知のときに似ていたのです。

私は、母親を乳がんで亡くしているので
しこりを見つけたときから、漠然とした予感はあり
告知されたときも
よくある「頭がまっしろになった」ということはなかったのですが
やはりはっきりと「あなたは乳がんです」と言われたとき
「これからどうなるんだろう」という
大きな不安と焦りにおそわれました。
乳がんとはどういう病気であるのか、
自分が今どういう状態なのか、
リスクはどのくらい、生きていける可能性はどのくらいで
どういう治療をすればそれがかなうのか
「知らなくては。勉強しなくては」と思いました。

いま、「受験生の親」と言われて
いろいろ知っていかなければならない不安と焦りは
その時のものと同じです。

もっとも受験の主役は長男。
私自身は当事者ではなく
いちばん不安と焦りをかかえているのは、長男でしょう。
そのかわりに
乳がんの告知の時、当事者ではないゆえに
何もできずもどかしい思いをしていただろう、家族の煩悶も
今回は味わうことになりそうです。


2005年03月24日 (木) 21:05
約1ヶ月前、「ヨーグルトは効いている?」と書いた柏木です。
ちょっとばかり目のあたりがむずがゆい感じはあるものの
くしゃみもなく鼻水も出ず
「ひょっとしたら今年は楽勝?」と思っていたのですが。

甘かったです。
先週あたりからどうしようもなくなりました。
スギ花粉30倍の猛威が一気に来て・・・完敗です。

まあヨーグルトが効いてくれるかどうかわからず
シーズン前にいろいろ防御グッズは買い込んでおいたので
なんとかそれらでしのいではいます。
やっぱりもっとも効果的なのは、マスクとめがねですね。
体質の改善とかサプリメントとか、そういったものよりも
「物理的に花粉に触れないようにする」というのが
いちばんみたいです。

でも、今年の花粉はなんたって30倍だし
「ヨーグルトがなかったら、もっとひどかったはずだ」と
ココロのはじっこのほうで
ちょっとは効いていてほしいなあ、と
思ったりもしています。

スギ花粉の飛散が終わるのは5月の連休の頃。
マスクとめがねと
効いてるかどうかわからないけど
ヨーグルトをよりどころに、がんばります~。
2005年03月18日 (金) 22:08
先週末は、まさに「なごり雪」でしたが、やっと暖かくなってきましたね。
先日、蕗のとう(!)を見つけました。
(いったいどこに住んでいるのでしょう!?)
春の訪れを感じました。

そして、早いことに、もうお彼岸!
お彼岸には「ぼたもち」。
これ、秋のお彼岸は「おはぎ」というんですよね。
春は、あずきの粒を「牡丹」に見立てて、「ぼたもち」。
秋は、あずきの粒を「萩」に見立てて、「おはぎ」。
「ぼたもち」は、こしあんで、「おはぎ」は、つぶあんで、という説もありますが、
わたしは、どちらも、好き(笑)。

3月は、卒業やら、転勤やら、何かと落ち着かない月ですが、
お雛祭りやお彼岸、季節の行事も大切にしたいな、と思います。
そんな一日、一日が愛しくもあります。

2度目の手術から1年。
今年のお雛さまも、菜の花も、いっそう、眩しかったです。

2005年03月08日 (火) 19:58
自宅からVOL-NEXTのオフィスのある青山一丁目までは
電車の乗り換え1回を含めて1時間15分。
往復約2時間半の通勤時間が、私の読書時間です。
読む本は、その日の気分によって違うのですが
ときどき思い出したように鞄から取り出して読むのが
齋藤孝著『座右の諭吉』です。

この本は、昨年暮に、山王メディカルプラザ腫瘍内科医の
渡辺亨先生からおすすめいただいたものです。
早速入手して、すこしずつ読んでいるのですが、
これがなかなか奥が深い。
福沢諭吉は慶應義塾大学の創始者というだけではなく、丸善の創立に関わったり、新聞に初めて漫画を掲載させたりなど、起業者的なところのあるマルチタレントな人なのですが、明治という時代にありながら、その精神の強さ、明確さは奇跡のようです。
それらが『福翁自伝』という著書にあらわされており、
それを『声に出して読みたい日本語』の齋藤孝が、現代人にわかりやすい形にして、彼なりの解説を加えている本です。
「人生に悩むこと=高尚なこと、ではない。悩むヒマがあるなら、勉強したほうがいい」
などと、ちょっとしたドジでくよくよ悩むタチの私には
けっこうグサグサくる部分もあるのですが、
ひとつひとつ飲み下しながら読んでいくと
「なんだ、そうか」と目の前が晴れるような気分になるのです。
お財布から一万円札を取り出すたび、心で手を合わせている私です。

書評はTODAY!の中にある「がんに関する本」の「TODAY!のおすすめ」に、近日UPしますね。
2005年03月06日 (日) 21:48
会社では、曽我が休み無く働いていますが、私は原則として週末は休むことにしています。長年の週休二日制の勤務に身体が慣れているので、土日を休みにしないと、疲れが取れません。やはり、身体が資本ですものね。もう歳ですし・・・(^^;)
勿論、講習会があるときやお客様がいらっしゃるときは週末でも出勤しています。(^^)

Shopへの週末のご注文は、週明け早々に対応しますので、少々お待ち下さい。

さて、ということで、今日は趣味の話です。

私は、スポーツ観戦が好きですが、中でもサッカーは、地元にJリーグのチームがあるので、よく応援に行きます。
Jのチームが出来たときからですから、応援を初めてもう13年になります。乳がんの手術直後も、化療中もスタジアムには通っていました。弱いチームですが、それがまたいいんです。

職場が東京になって、去年はなかなか観戦できなかったのですが、今日は待ちに待った開幕試合です。久しぶりに応援に行きました。
関東地方は雪の予報だったので、万全の寒さ対策をしていきましたが、なんとか空は持ちました。でも、やはりかなり寒かったです。試合の合間に食べたけんちんうどんの美味しかったこと・・・。

試合は、引き分け・・・それも終了間際に同点にされるという少々ストレスが貯まる結果でしたが、やはりサッカーは生観戦です。片道徒歩30分かかるスタジアムの往復もいい散歩です。
今年は、許される限り、応援に行きたいな。

ところで、私達が連載執筆している「がんを治す完全ガイド」の編集さんも、応援するチームは違いますが、サッカーサポです。
ちなみに、彼の応援するチームは、昨日大勝しました。

リーグが始まり、今年はワールドカップの予選もあります。今年のサッカーシーズンは、大いに盛り上がりたいと思います。

中村恭子


今日のレンゲちゃん(TODAY!商品)

時々外の空気に触れさせていますが、まだまだレンゲちゃんにとっては、寒い冬です。

20050304113251.jpg


2005年03月01日 (火) 18:41
飛散量が昨年の30倍!と言われている、今年のスギ花粉。
花粉症のみなさま、お住まいの地域はどうですか?
飛んでますか?

東京は・・・飛んでいるんでしょうか。
毎年この時期はもうたいへんなはずなのですが
今年はまだ、くしゃみが3回くらいです。

おととしあたりから、例の「カスピ海ヨーグルト」を、毎朝食べています。
自分でタネを作っていて、あまり管理がよくないので
もうすでに「ただのヨーグルト」になっている可能性は大ですが。
去年はくしゃみ鼻水鼻づまりがあまりなかったのです。
でもそれは単に飛散量が少なかっただけなのかもしれません。

今のところはマスクのみ。
さてそれで無事に4月までしのげるでしょうか?
ヨーグルトの効果は果たして・・・
花粉症はつらいですが、今年はちょっと(ほんのちょっとだけ)楽しみな柏木でした。
2005年02月22日 (火) 19:59
昨夜(2月21日)9時15分から、NHKのBS1「経済最前線」で
私たちVOL-NEXTが紹介されました。
「乳ガン 術後ケアビジネス最前線」というテーマで、ワコールリマンマとハロートゥモロー(人工乳房制作)、そして弊社、という順番で登場しました。
それにしても番組制作というのは大変なんですね。
放送直前の9時ごろまで、ディレクターから頻繁に確認の電話が入り、マスメディアの世界にいた曽我には普通のことのようですが、そういう世界を知らない私にはオドロキでした。
社員でケンケンガクガクやっている映像が流れるのを見て、「そうか~、うちの会社は最前線なんだ」と認識を新たにした夜でした。
(ところで「見たよ~」というメールを複数いただきました。とてもメジャーとはいえない番組なのに、見ている方がそんなにいるなんて、これまたオドロキでした)
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan