あなたとともに・・・VOL-NEXT社員の日記です。
--年--月--日 (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年01月01日 (日) 12:21
あけましておめでとうございます。
2006年、新しい年の幕開けです。

元日の東京は薄曇り。
昨日までのピーカンの天気ではありませんが
それでも、近所の神社の参道には
たくさんの人が並んでいました。
鰐口(拝殿の前の鈴)を、勢いよく鳴らし
お賽銭を投げ、手を合わせ祈願をしました。
自分の健康、家族の健康
長男の受験合格、次男の就学
そして、VOL-NEXTのこと。
…100円じゃ足りないよ!と、神様から言われてしまいそうなほど
たくさんお願いをしてきました。

1月21日から
「がん患者生活コーディネーター養成講座」が始まります。
VOL-NEXTにとって、とても大きなチャレンジです。
それは同時に
コーディネーター養成講座にお申し込みくださった方にとっても
大きなチャレンジなのだと思うのです。

「がん」は、悪いところを切除したからもう大丈夫、という
病気ではありません。
その後何年も検診をし、食事や運動にも留意を続け
治療の副作用・術後の不自由さとつきあいながら
生活していくことになります。
がん患者生活コーディネーター養成講座は
「がん」という病気についてだけではなく
それに伴う生活の情報やケアの知識をも含めて学び
なおかつ、それを他の方にお伝えできるよう
習熟していただく講座です。
ご自身・ご家族の経験を生かし
さらなるものをつかもうとされる、皆さまのチャレンジ精神に
私は心から感服しています。

1月21日、お会いできるのを楽しみにしています。

「そんな大きなチャレンジはできないのだけど
 何かやってみたい」という方もおいででしょう。
「NEXTER」に参加して、ご自分の経験を生かす、という
チャレンジをしている方もたくさんいらっしゃいます。
現在、NEXTERの皆さまには
治療の副作用についてのアンケートや
がん患者向け商品のモニターなど
いろいろなことをお願いしています。
「がん」の経験は、同じような治療をしていたとしても
ひとりひとり違っているものですが
違っているがゆえに
そのひとつひとつが
QOL向上のための、とても大切なヒントになります。
NEXTERという場で
ご自分の経験を生かすことから、はじめてみてはいかがでしょうか?
NEXTERの登録は、こちらから承っています。
(現在、乳がんの患者さんのみとなっております
 ご了承ください)

皆さまの、VOL-NEXTの(そして私の)
それぞれのチャレンジが、
今年一年の日々を照らすエネルギーとなりますように。
そして、大きな実を結びますように。

今年もよろしくお願いいたします。

スポンサーサイト
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。