FC2ブログ
あなたとともに・・・VOL-NEXT社員の日記です。
--年--月--日 (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005年11月01日 (火) 23:51
自分が子どものころは、あまりTVを見せてもらえなくて
親から「観てもいいよ」とOKをもらえるのは
NHKのニュースと、民放のクイズ番組でした。

古いものだと、「ダイビングクイズ」とか
「アップダウンクイズ」とか(古っ!)。
「ベルトクイズQ&Q」なんてのもありましたね。
今でも残っているのだと、パネルクイズ「アタック25」か
復活した「タイムショック」とかでしょうか。
ほとんどの番組が、視聴者参加型のもの。
出題は雑学が多く、幅広い知識が要求されていたように思います。

ひところ、この手のクイズ番組はあまり見かけなくなりましたが
最近また多くなってきましたね。
「平成教育委員会予備校」「IQサプリ」「クイズミリオネア」
子どものころの私も、クイズ番組が好きでしたが
うちの息子たちもやはりクイズ番組が好きです。
チャレンジ精神が刺激されるからでしょうか。

私は、かなりの量の雑学を、クイズ番組から得たように思います。
同じような効果が、息子たちにも出ているのか
今日の「三宅式こくごドリル」で出た
「擽る」という漢字の読みを、即座に正解していました。
(私は読めませんでした^^;)
「よく知ってるね」と褒めたら
「ほぼ日の『声に出して読めない日本語』にあったよ」とのこと。
うーむ、そのコンテンツは私も毎日読んでいるんだけど
やっぱり若い脳は、ばしっとシナプスがつながるんですね。

「尼日利亞」
同番組で出た国名の読みのクイズです。
「最後は<リア>だよね」
「ブルガリア? リベリア?」
「それ、国じゃないでしょ」
などとわいわい言い合いながら観るのも、
今も昔も変わらない、クイズ番組の楽しみなのかもしれません。




(答えは「ナイジェリア」でした)
スポンサーサイト
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。