FC2ブログ
あなたとともに・・・VOL-NEXT社員の日記です。
--年--月--日 (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005年04月13日 (水) 21:00
今日で3日連続の雨。
すっかり花散らしの雨となってしまいましたが、濡れた地面はピンクのじゅうたんになっていますね♪

今日は会社をお休みして、一年毎の定期検査を受けに病院へ行ってきました。
乳がんになった方は、他の患者さんがどんな検査を受けているか、とっても気になるところですよね。
自分が受けている検査以外の検査を他の人が受けていると聞けば、
「私はその検査をしなくて大丈夫なのかしら?なぜ、しないのかしら?」と心配に思うことでしょう。

術後のフォローアップ(経過観察)の違いは、患者さん本人の状態や術後年数にもよりますが、ドクターや施設によっても違ってきます。
定期検査は無意味だとして、検査を行わないドクターもいます。
定期検査によって早期に遠隔転移を発見し、治療を始めたとしても、症状が現れてから発見したのと、経過にあまり違いが無いと言われているからです。
しかし、早期発見でメリットが全く無いわけではなく、QOLをあげるというメリットがあるそうです。
たとえば、骨転移の場合、骨折で転移が発覚するより、先に検査で発見したほうが明らかに生活の質に良いということになります。
どんなことになろうとも、少しでもQOLは落とさずにいたいものです。

患者さんによって、あまり知りたくないというタイプの人もいらっしゃるでしょうし、いや、どんなことでもなるべく早く知って、とにかく病気に立ち向かいたい!という方もいらっしゃるでしょう。
私の場合は検査でがんを見つけるのではなく、何もないことを確認し、私自身は勿論ですが、家族や周りを安心させるのも目的のひとつになっています。
年老いた父親を抱えているので、万が一の時はなるべく早期発見して、いろいろと段取りをしておかなければ、という頭もあります。

手術や治療だけでなく、フォローアップも人それぞれということですね。
皆さんも、納得したフォローアップを!

フォローアップについては、
がん患者サービスステーションTODAY!「術後の診察と定期検診」
をご参考ください。



スポンサーサイト
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。