FC2ブログ
あなたとともに・・・VOL-NEXT社員の日記です。
--年--月--日 (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年08月30日 (日) 10:50
浜松情報局 市民公開講座は、第8回を迎え、益々盛況でした。
情報局に参加している、医師・看護師・薬剤師の方々を中心にスタッフの皆様の熱意が伝わってくる講座でした。

 第1部は、九州がんセンターの大野先生の基調講演。「患者さんのための乳がん診療ガイドライン」の作成委員長でもある大野真司先生が、ガイドラインの内容や使い方などを乳がんの基礎知識を交えながら、とてもわかりやすく明解に話してくださいました。
 先生の温かいお人柄が伝わってくる講演でした。参加者アンケートにも、
「大野先生のお話しは、とても分かりやすく勉強になった。」という内容がたくさんありました。

 第2部は、恒例の「前もって寄せられた質問」に一つ一つ答えていく、パネルディスカッションです。浜松オンコロジーセンターの渡辺先生と弊社代表曽我の司会で、50問を超す質問にパネラーの先生方が、分かりやすく丁寧に答えてくださいました。

この内容は、NPO法人浜松情報局のHPに掲載されています。アバスチンなど最新の薬について、再発転移の不安について、脱毛中の生活について、術後に受ける検診の種類について、転移治療について、乳がん患者を支える家族の方からの質問などなど多岐に渡っています。ご自分の疑問や悩みと共通する項目もあるかもしれません。ぜひ、覗いてみてください。
浜松情報局第8回市民公開講座

 ロビーでは、今回のテーマでもある、「患者さんのためのガイドライン」が販売されていました。先生方の熱のこもった推奨の結果、用意したガイドラインはすべて売れ切れだったそうです。買っただけで安心しないで、しっかり活用したいですね。私も手元にある1冊に、書き込みしアンダーラインを引きながら熟読中です。

 商品展示ブースでは、「TODAY!」をご利用いただいている患者様から、「このブラは着け心地がいいから、色違いで買ったのよ。」「抗がん剤治療が始まる前の不安なときに電話でいろいろ教えてもらって、かつらや帽子を用意できて本当に助かったわ。」など、とてもうれしいお声をいただきました。本当にありがとうございました。

 この日、浜松は良い天気でしたが、講座が終わってから空に虹が架かりました。久しぶりに見た虹は、この日の講座に集まったみんなに元気を降り注いでくれているようで、とても幸せな気持ちで帰宅の途に着くことができました。

 次回は、来年2月14日の開催です。今から予定に入れて、浜松のおいしい鰻とセットで、楽しみませんか?
スポンサーサイト
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。