あなたとともに・・・VOL-NEXT社員の日記です。
--年--月--日 (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年01月29日 (月) 16:43
こちらには初登場させていただきます、川越です。
コーディネーター1期生の中からの新人スタッフの一人ですが、
実はコーディネーター受講前から事務スタッフとしてお世話になっておりましたので、青山ステーションでお会いした方もいらしたかと思います。
コーディネーターとしては歩み始めたばかりで、拙いご説明でお客様にご迷惑をおかけすることもまだまだ多いかと思いますが、日々スキルアップを図ってまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

さて、青山ステーションに程近い青山1丁目交差点…  
交差点の向こう側は赤坂御所になりますが、
学生時代を四谷で過ごした私にとって、迎賓館から赤坂御所に続くこの一帯は慣れ親しんだランニングコースでした(体育会系某部々員だったのです!)。
迎賓館前から始めて、ひとつ坂を登ったところに明るいネオンとともに現れる青山1丁目は、
ジャージ姿で都心を駆け抜ける地味~な大学生にとっては、実に華やかでまぶしい場所に見えました。
いつかあの華やかな側に渡って、
もっとかっこいい人生を送る自分になりたいなあ...
なんてことを当時は思っていたのです。

それからかれこれ20年の月日がたち、
思いもかけずこの青山で仕事をしている私がいます。
初めて駅に降り立ち、赤坂御所が目に入った時には、
「私にとっての青山は輝かしい場所ではなかったなあ。病気をしてたどり着いた場所。今となっては若くて健康な自分が走っていた向こう側の方がよっぽどまぶしく思えるなあ」と
状況の変化に複雑な思いを抱いたのを覚えています。(実際青一は思ったより地味な街でしたし!)
が、こちらに通うようになって一年少々、
様々な方々との出会いを経、今は反対側をうらやむだけの私はもういません。
自分のいない交差点の向こう側へ渡りたい、渡りたいと強く願う生き方も時には必要、
だけど、今私のいるこちら側もきっとそれなりに輝いている、如何様にも輝かせることはできるということを実感する日々を与えられています。

今の自分を否定することなく、
今できる何かを今この場所で実行していく、
ということの大切さを心に留めながら、これから頑張っていきたいと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。