あなたとともに・・・VOL-NEXT社員の日記です。
--年--月--日 (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005年11月30日 (水) 18:08
先週の土曜日 7月29日から、第2期の「がん患者生活コーディネーター」養成講座が、始まりました。今回は、医療者の方や製薬会社の方など、医療分野に携わっている方が多く、第1期に引き続き、熱い講座になりそうです。

 講座の後、懇親会を行い、その中で、第1回の資格認定試験に合格された20名の「がん患者生活コーディネーター」の方々に、代表の曽我から認定証書を授与させて頂きました。

 皆さん、とても嬉しそうで、なによりも輝いてみえました。
一つの事に挑戦し、成し遂げた充実感を持たれていたのではないでしょうか?

 1期生と2期生の交流の場となり、とても和やかで楽しい懇親会でした。受講が始まったばかりの2期生の方々にも、初受講の緊張感を少し和らげていただけたのではないかと思います。

 また、今回の講師の東海大学田島先生から、
「広く医療界に目をむけ、日本の医療が良い方向へ進んでいく為の、一助を担ってほしい、そして、ゆくゆくは世界に発信できるような仕事に
成長することを期待している。」と言う趣旨の、激励の言葉を頂き、身の引き締まる思いでした。

 第1期生の方々から、受講後の感想をたくさん頂いておりますので、ここで、引き続きご紹介させていただきます。

 今回は、NEXTERにご登録いただいて以来の長いお付き合いの江原さんです。気取らないさっぱりしたさわやかな印象の素敵な女性です。

 この講座を受けている間に、友達が乳がんの手術を受け、術後補助療法をする事になりました。それまで、勉強しようとがんの新聞記事などをよんでも、頭の中に入らない私でしたが、一緒に治療内容等を話したりすると、具体的で頭のどこかにひっかかります。この事が、私にはとても勉強になりました。

 また、患者さんからの質問メールに答えるという宿題もとても勉強になりました。あーでもない、こーでもないと質問を読んでは考え、テキストを見ては考え、その時は分かったつもりでも後で見ると分かってないことが多く、いかにいいかげんに聞いていたかを思い知らされました。本当にメールの宿題は、大変でしたが勉強になりました。

 最後のコーディネーター認定試験も問題を見て自分がどこが勉強できてないかが分かりました。終わった後で手遅れなのですが・・・・
でも、「ゆっくりでもいいんですよ。」と言う曽我さんの言葉を思い出して気を取り直して勉強してゆこうと思っています。

 そして、講師の先生方も素晴らしかったです。
私は、新聞を通して放射線の山下先生は知っていました。連載記事を読んでいて、暖かいお人柄が伝わってきて、こんな先生もいるんだなと思ってました。こんな形でお会いできるなんて人生は分からない!

 この病気をしていろいろな事がありましたが素晴らしい人々に出会え、この講座を受けて、これから先の行く道が見えてきまいた。

 これからは、生活の相談や心の問題(難しい)など何でも挑戦してみて(意気込みだけはすごいのです)自分の得意とするものを見つけてゆきたいと思います。

 半年間ささえてくださった曽我さんはじめVOL-NEXTの皆様に感謝です。受付で笑顔、中に入って笑顔、とても良かったです。ありがとうございました。そしてこれからもよろしくお願いいたします。

スポンサーサイト
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。