あなたとともに・・・VOL-NEXT社員の日記です。
--年--月--日 (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年07月12日 (水) 19:47
6年前、自分自身の治療をしっかり勉強したい!という思いで、
前橋市で開催された乳癌学会に初めて参加しました。
学会などに参加する際の私のポリシーは、
「何か一つでも、発言してくること」。
積極的に参加することで、いろいろな出会いも生まれます。
最初の前橋の学会では、セッションで質問したのがきっかけで
乳癌学会の研究班「QOL評価ガイドライン」の一委員として
参加することになり、
次の年には、乳癌学会の会員になり、
その後は、2回ほど発表させていただいたり、
ブース出展したり、と、会への参加スタイルも変わってきました。

患者の視点で参加した学会は、いろいろな発見があり、
今では、年中行事の一つになっています。

今年は、7月7、8日金沢市で、行われました。
弊社ブースにお立ち寄りくださったドクター、ナースの皆様
ありがとうございました。http://www.v-next.jp/subwin_00_31.htm
今回は、弊社ブースで、医療者の方々に
「がん患者サービスステーションTODAY!をご紹介する組と、
各セッションに参加する組、2つに分かれ、学会に入りました。

金沢駅前のホテルなど4会場で開催されました。
案内が少なかったせいか、わかりにくい会場もありましたが
2日間、精力的に回り、しっかりと聞いてきました。

20060712195140.jpg


発表スタイルも、シンポジウム、パネルディスカッション、
口演、ポスターセッション、ビデオセッションなど様々でした。
中でも、アンサーパッドを使って、患者さんの事例を
フロアのドクターも一緒に治療方針を検討していくという
参加型シンポジウムは、とても興味深いものでした。

「Aの治療、次に行ったBの治療も効かなくなった患者さんに対し
次は、どういう治療を勧めますか」という質問で、
「では、次の治療(薬剤)はこれです」と、淡々と話すドクターに、
「治療の中心は、患者自身なのに、、」と、
患者不在の治療方針に、ため息がでました。
しかし、その後、
「Aの治療で効かなかった、Bの治療もダメだったという状況になっているので
患者さんの気持ちも十分に聴いて、患者さんと話し合って決めていく必要があります」と
答えられたドクターの言葉は、とても温かく感じました。
シンポジストのドクターお一人お一人の治療のスタンスなどが
垣間見え、医療者としても、患者としても考えさせられるシンポジウムでした。

その他、まだまだ興味深い講演や発表が多くありましたが、
順次お伝えしていきたいと思います。
がん患者生活コーディネーター養成講座第一期生の方も
参加されましたので
併せて、ご紹介していきますね。


スポンサーサイト
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。