FC2ブログ
あなたとともに・・・VOL-NEXT社員の日記です。
--年--月--日 (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年06月29日 (木) 10:55
会社までの通勤途中、よく車椅子の方が駅員さんの援助を受けて、電車を乗り降りする姿を見かけるようになりました。
特に最近は、付き添いもなく、1人で出かけている方が多くなってきたように感じます。どういう状況にあっても、アクティブに生活を楽しみたいですよね。
車椅子自体も進化しているようで、先日、若いサラリーマンらしき車椅子の男性が、誰の手も借りずにピョンと電車の中へ乗り込んできたのを見かけました。
時代は変わったなぁと思わず、感心してしまいました。

今から20年ほど前だったでしょうか、駅前にある銀行の前で、車椅子に乗った男性が立ち往生しているのに出くわしました。
その方は銀行に入りたかったのですが、当時はスロープもなく、小さな段差の前で途方にくれていました。
時間帯は夕方だったため、銀行の窓口も閉まっていて行員の方もいなく、最初、その場に私しか居合せませんでした。一生懸命慣れない手つきで持ち上げようと試みたのですが、車椅子を扱ったことも、腕力もない私には到底1人ではどうすることも出来ませんでした。
そのうち通りがかりの人がひとり、またひとりと集まり、結局男性4人がかりで持ち上げて、無事に段を越えました。
その後、キャッシュコーナーで用事を済ませた男性は、再び周りの方たちによって、無事銀行の外へと出てて行くことができました。
今では銀行は勿論、大きな施設では車椅子で不自由なく行動できるようになり、随分とそういった方たちも行動範囲が広げられるようになりました。それでも、利用者の方々から言わせれば、まだまだ使いにくい部分があったりするようで、これからは使用する人の目線に立つということが課題とされているようです。
せっかく作るのであれば、本当に利用者が使いやすいように考えてから作って欲しいものです。

相手の立場になって考える。
設置者が利用者のため、企業が消費者や顧客のために考えるのは当たり前になってきましたが、近頃の悲惨な事件などを見ていると、人と人との間ではそれが少なくなってきているようで、とても悲しく思います。
人が気持ち良く付き合っていく中で、相手の立場になって考えることはとても大切なことですよね。
ほんの小さな相手への思いやりが少しずつ積み重なって、そしてそれが大きな信頼関係に繋がっていく。
また、個人と個人の間では、本当の思いやりって難しくて、相手のためを思えば厳しくすることも思いやりだったり。また、その厳しさを思いやりと受け取れる心の広さを持つことも大切だったり。

車椅子の話から、ちょっと話は飛んでしまいましたが、周りにいる本当にやさしい人を大切に、そして他人にやさしく自分に厳しい人間にちょっとでも近づきたいな、と思う今日この頃です。


スポンサーサイト
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。