あなたとともに・・・VOL-NEXT社員の日記です。
--年--月--日 (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年02月25日 (土) 20:12
私事ですが、中三の長男が
第一志望の学校になんとか合格しました。
受験体制は去年の春から始まっていたわけですが
家族そろって
やっと一息つくことができます。

でも、合格がわかるまで
かなりの緊張感がありましたね。
というのは、第一志望校の試験の前に
第二志望の学校の試験があり、
それには落ちてしまっていたので。
第二志望の不合格がわかったあとでの
第一志望の試験だったので
当人はかなり動揺していたし
不安で不安で緊張しまくっていました。

この、身を切られるような
さいなまされるような緊張感は、覚えがあります。
「乳がんかもしれない」と言われ
受診して結果が出るまでの、あの身の置き所のなさ。
不安でつぶされそうになりながら
今後の自分がどうなるのか、全く見えていない
あの、暗闇の手探り状態と、同じです。

こんな時に
かけてあげるべき言葉なんて、ないですよね。
もちろん、シチュエーションの違いはありますけど
「がんばれ」も「大丈夫」も、聞きたくないたぐいの言葉。
どう接してあげればいいのか考えあぐねていたのですが
ひょっとしたら
私が告知を受けた前後の家族はみな
こんな気持ちを味わっていたのではないかと思い至りました。

TODAY!にいらっしゃるお客様にも
「家族ががんになってしまって
 何かをしてあげたいけど
 何をしてあげたらいいかわからない」と
当事者でないがゆえの苦しみを訴える方がいらっしゃいます。
当事者ではない、でも
大事な家族が苦しんでいるのに、どうしていいかわからない
そのつらさを
ほんの少しですが、わかったような気がします。

そういったとき、TODAY!では
「がん患者さんを主語にして考えてみてはいかがでしょうか」と
申し上げています。
私もそれにならい、
とりあえず、長男の身になって考えて
言葉や行動で追いつめないよう、
いつも通りの日々を過ごせるようにしました。
(というより、それしかできませんでしたが)
でも、それで良かったのかどうかは
今でもわかりません。
「相手を主語にして考える」というのは
想像力が足りなくても、駆使しすぎてもいけない
難しいことなのだなぁと、実感した数週間でした。
スポンサーサイト
2006年02月18日 (土) 11:26
 今日の東京は、太陽が暖かく気持ちの良い天気です。
でも、昨夜は粉雪が舞う寒さでした。風はまだまだ冷たいけれど、
梅の花が咲き始め、落葉樹の枝に新芽がほんの少し見え始めたり・・・
春はそこまで来ていると実感できる、この季節が一年のなかで最も好きな季節でした。

 過去形になってしまったのは、10数年前から苦しんでいる花粉症のせいです。この時期、暖かい日が2日ほど続くと、鼻はむずむず、目はかゆーくなってきます。今年も、3日ほど前から、「あれ、きてるな!」って感じがしてます。

 今年は花粉の量が、昨年の1/10の量だということなので、少し安心ですが、油断禁物!早速、マスクや目薬、鼻の洗浄薬などを買い込んできました。

 花粉対策の3か条「吸わない・入れない・持ち込まない」
 吸わないは、もちろん外出時は、マスク着用。おまけにゴーグルをしてる方もいらっしゃいますね。
 入れないは、部屋の窓をあけたりしないこと。空気を入れ替えるのは、朝早くがよいようです。お昼から夕方にかけてが、その日の花粉の飛散量のピークだそうです。
 持ち込まないは、外出から戻ったら、コートや髪にブラシをかけ、花粉を払いおとしてから家に入ること。

 いざ実行しようと思うとなかなか大変ですよね。家族の協力も必要ですし。我が家の場合は、花粉症にはまったく無縁の母が、「今日は暖かくて気持ちがいいわー」と言いながら、窓を開けると、私が、「花粉症だって言ってるでしょう。」と、言いながら窓を閉めて回るという日が続きます。

 長い方は、今から6月頃まで、私は桜の花が散る頃までが、花粉との戦いの日々です。新緑の芽吹きをめでるのは、今年も部屋の中からにしておきます。花粉症の皆様、今年もがんばりましょう!!
 「ハックション!!!」
2006年02月10日 (金) 18:59
先日、青山劇場で開催されている中島みゆきの「夜会」に行ってきました。
今年の演目は「24時着 00時発」、2年前と同じ演目です。

「夜会」は、芝居でもない、ミュージカルでもない、コンサートでもない、中島みゆきの実験劇場なのですが、物語も楽しめて、みゆきの歌も楽しめる。ファンにはたまらないみゆきからのプレゼントです。

さて、今年の夜会、再演なので、当然前回と同じ内容なのですが、あいかわらずの難解な内容。何度観ても(実は、2年前に2回観ているので、今回で3回目です。しかも、DVDまで持っているのですが・・・)大まかなストーリーはつかめても、細かいところが理解できなかったりします。

光と影、表と裏、メビウスの環、鏡・・・そして、銀河鉄道・・・なんてところが今回のテーマですが、前半はやや淡々と話が進んでいきます。圧巻は、後半の盛り上がり、人生の応援歌のようなみゆきの歌がこれでもか、これでもかと歌われていき、観客を魅了します。

その盛り上がりの中で歌われる歌のうち、2年前にもっとも印象に残ったのが、今日のタイトル「命のリレー」です。著作権に触れるので、歌詞をそのまま掲載できませんが、「自分の人生だけでは達成できなくても、次の世代に引き継いでいけばやがて目的は達成できるだろう・・・」というような意味の歌です。

前回の夜会でこの歌を聴いていた頃は、ちょうどVOL-NEXTを立ち上げようと、曽我達と打合せを重ねている頃でした。私達がん患者が「会社」という継続を必要とすることを始める。まさに、自分たちだけで目的は達成できなくても、次の世代に引き継ぎができればいい。やがて社会にVOL-NEXTのがん患者サービスステーションは根付いていくだろうと、「命のリレー」の歌詞のままの決意でした。

今回、2年ぶりに夜会でこの曲を聴き、思い出したのはVOL-NEXTの立ち上げの頃のことでした。会社を立ち上げて2年がたち、今、弊社はそれなりに社会に認知され、それなりに会社としてうまく動き始めています。でも、いつのまにか忘れかけていた、立ち上げの頃の気持ちを決して忘れてはいけないと、みゆきから叱咤されたように思います。

初心に戻らなければね・・・・
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。