FC2ブログ
あなたとともに・・・VOL-NEXT社員の日記です。
2006年01月16日 (月) 23:04
ここ数日は少し寒さがゆるんでいるようですが
今年の冬はものすごい寒さですね。
地球温暖化のせいで、暖冬になるのかと思いきや
偏西風が蛇行して
寒気団がおかしな動きをしているそうです。

東北・北陸など日本海側にお住まいの方は
雪でたいへんな状態でいらっしゃるのでしょう。
新潟にいる知り合いに先日電話をしたところ
「埋まってるよ」と言っていました。

東京は、雪こそ降っていませんが
毎夜冷え込みがきびしいです。
寒いのも困りますが
野菜がえらく高いのも、困りものです。

こんな鍋の美味しい季節に
白菜や大根が手に入らなくて、寄せ鍋ができないなんて。
私の家は東京23区内にあるとはいえ
近くに23区唯一の牧場があるくらい
畑の多い地域です。
いつもの冬なら、近所の農家の軒先で売っている
地場の野菜やきのこを、鍋で堪能するのですが
今年はとにかく、畑に農産物の姿がありません。

知り合いの農家に用事で出向き
ついでに野菜のことを尋ねたら
「これはうちで食べる分なんだけど、少しあげるよ」と言って
小振りの三浦大根を1本わけてくださいました。
青首の大根は全部だめになってしまったそうです。
「売り物じゃないから、ちょっと筋が多いかもしれないけど」
でも、出汁でゆっくりと煮た大根は
よく味がしみて柔らかく
久しぶりに大根のうまみを味わいました。

農産物はお天気次第。
こうして、ごく普通に食べているさまざまなものは
天候や、畑を整える手間や、水の管理や
いろいろなものの成果として得られるということを
普段は忘れてしまっています。
この冬のように、天候が悪くなって
なかなか手に入らない状況になると
今さらのように、食べ物のありがたさを思い知ります。
ちょうど、がんになってしまって
自分の健康の「有り難さ」に、今さらながら気づくように。

自分の健康も、家族の健康も、
まずは食べ物をありがたくいただくところから。
ご厚意で頂戴した大根を
天の恵み、地の恵み、作ってくださった方に
感謝しつつ、いただきました。
からだがじんと温まるような、甘い、美味しい大根でした。


スポンサーサイト



copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan