あなたとともに・・・VOL-NEXT社員の日記です。
--年--月--日 (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年01月27日 (金) 10:10
がんサポートキャンペーン等で日本のがん医療が注目されていますね。
アメリカのほうが医療やサポート体制が整っている、
日本はまだまだ、という印象をもたれている方も
多いのではないでしょうか。
しかし、果たしてそうなのでしょうか?

日本とアメリカでは医療保険システム、
医学教育などの背景も異なります。
アメリカの医療システムを導入すればいいというわけにはいきません。
医学・看護教育の違いについては、
またの機会にお話したいと思いますが、
がん患者生活コーディネーター養成講座が始まりましたので
がん患者さんの生活支援について、少し・・・。

以前、MDアンダーソンがんセンターを視察したとき
確かに、がん患者さんのサポートプログラムの多さには感心しました。
治療は、もちろん、
がん患者の生活、精神的支援まで一貫していました。

抗がん剤治療が始まり、ウィッグが必要になると、
センター内にある美容室に出向きます。
脱毛についてのケア、アドヴァイスと共に
ウィッグ、帽子、ターバン、スカーフ一式が無料で提供されます。
カットだけでなく、メイクレッスンまで受けて
患者は笑顔をとりもどし、治療に臨むことができます。

同じ体験者と話をしたいと思うと
体験者で運営されている、ホスピタリティルームへ行きます。
温かく迎えてくれ、話を聴いてくれます。

精神的に安らげる場所が欲しいときは
ヨガ、太極拳、アロマセラピーなどのプログラムがある、
癒しの場所があります。

利用は無料ですが、
常駐している専門家や体験者には
きちんと報酬が支払われています。

日本との違いは、運営資金が国、州のみならず、
ドネイション(これが大きい!)によるものが大きいということです。

国が何もしてくれない、〇〇がしてくれない、と
「くれない族」では、なかなか前に進まないように思います。


弊社のがん患者の生活、支援サービスは、
「ないなら、つくろう」と、そこからスタートしました。

それぞれに応じた支援システムや業態が
必要なのではないでしょうか。

そういえば、MDアンダーソンがんセンターには、
「医療保険コーディネーター」という方もいらっしゃいました。
保険の種類が複雑でかつ、
多種にわたるアメリカならではの職種だと思います。

がん患者生活コーディネーターの養成講座がスタートし、
21日は、雪も溶かしてしまいそうな、
熱い皆様が受講されました。
きっと、これからのさまざまな可能性を探っていただける、皆様です。

今、お持ちの「専門分野」と「がん患者生活コーディネート」を
融合させて「新しい業態」も生まれてきそうな予感がして
私自身、ご一緒できることにわくわくして
学んでいきたいと思っています。

スポンサーサイト
2006年01月23日 (月) 18:10
先週の21日土曜日は東京でこの冬初めて雪が降り積もりました。
そんな中、「がん患者生活コーディネーター」養成講座(Ⅰ乳がん編・第1期)
第1回目が開催されました。

この日のプログラム内容は、アナウンサーの北浦久美子先生による発声練習から始まりました。
人前で、はっきりと、わかりやすく話すための基礎練習を楽しくわかりやすく教えてくださいました。
しかし、こんな大事なときに、私ときたら、風邪で声が出にくくなっていたのです・・・。
しっかり風邪が治ったら、大きな声で練習し、接客に役立てようと思います。

そして、次の時間は今回受講された皆さんの60秒スピーチをお聞きしました。
60秒間の中で話す課題は、自己紹介とコーディネーターを目指す理由。
短い時間でしたが、皆さん、おひとりおひとりの熱い思いをお聞きすることが出来ました。
この日を待ちわびていてくださった方、家を出るまでどうしようか迷われた方、いろんな思いが込み上げ、涙ながらにお話される方も何人もいらっしゃいました。
ほんの少し前の自分自身と重なった瞬間でもあり、今の自分の仕事の責任の重さを感じた瞬間でもありました。

そして休憩を挟んで、田島知郎先生から、がんの基礎知識と乳がん診療の理想と現実を本音トークを交えながら、とても詳しくお話いただきました。
受講者の方の中で、がんの話しを聞くのは初めてという方には少々難しい言葉も出てきたかもしれませんが、お配りした「乳がん 安心!生活Book」で、誰が読んでもわかる言葉で説明がありますので、そちらで復習してみてくださいね。

第1日目の講座が終わり、初めて受講者の皆さんにお会いして、おひとりおひとり、本当にステキな方だなぁという印象を持ちました。
日本全国からお集まりいただき、年齢も職業も将来の夢もそれぞれですが、養成講座では同じ一期生としてのスタートですので、講座を受講するだけではなく、楽しく交流を深めていただければとも思います。
そんな中で、人と比べるのではなく、個性を生かし、自分らしい「がん患者生活コーディネーター」として、それぞれの夢を実現させたり、ご自分の中でのステップアップに繋げてくだされば嬉しいです。

曽我からも講座の冒頭に話がありましたように、患者さんにとってこれが一番だという決まったものはありません。
何が一番かは、患者さんそれぞれが決めることだからです。
「がん患者生活コーディネーター」はそんな患者さん一人一人の気持ちに寄り添い、決して押し付けではない、的確な判断ができるような人であってほしいと思います。
私自身も初心を忘れず、そんなコーディネーター目指して頑張らねば!!と思えた一日でした。

足元の悪い中、お集まりいただいた皆様、本当にお疲れ様でした。
そして、交通事情や体調不良で欠席された皆様は、今回のプログラムは2期での受講となりますが、第2回目 2月4日にお会できるのを楽しみにしています!

「がん患者生活コーディネーター」養成講座について
         ↓
    http://www.v-next.jp/cord.htm


2006年01月16日 (月) 23:04
ここ数日は少し寒さがゆるんでいるようですが
今年の冬はものすごい寒さですね。
地球温暖化のせいで、暖冬になるのかと思いきや
偏西風が蛇行して
寒気団がおかしな動きをしているそうです。

東北・北陸など日本海側にお住まいの方は
雪でたいへんな状態でいらっしゃるのでしょう。
新潟にいる知り合いに先日電話をしたところ
「埋まってるよ」と言っていました。

東京は、雪こそ降っていませんが
毎夜冷え込みがきびしいです。
寒いのも困りますが
野菜がえらく高いのも、困りものです。

こんな鍋の美味しい季節に
白菜や大根が手に入らなくて、寄せ鍋ができないなんて。
私の家は東京23区内にあるとはいえ
近くに23区唯一の牧場があるくらい
畑の多い地域です。
いつもの冬なら、近所の農家の軒先で売っている
地場の野菜やきのこを、鍋で堪能するのですが
今年はとにかく、畑に農産物の姿がありません。

知り合いの農家に用事で出向き
ついでに野菜のことを尋ねたら
「これはうちで食べる分なんだけど、少しあげるよ」と言って
小振りの三浦大根を1本わけてくださいました。
青首の大根は全部だめになってしまったそうです。
「売り物じゃないから、ちょっと筋が多いかもしれないけど」
でも、出汁でゆっくりと煮た大根は
よく味がしみて柔らかく
久しぶりに大根のうまみを味わいました。

農産物はお天気次第。
こうして、ごく普通に食べているさまざまなものは
天候や、畑を整える手間や、水の管理や
いろいろなものの成果として得られるということを
普段は忘れてしまっています。
この冬のように、天候が悪くなって
なかなか手に入らない状況になると
今さらのように、食べ物のありがたさを思い知ります。
ちょうど、がんになってしまって
自分の健康の「有り難さ」に、今さらながら気づくように。

自分の健康も、家族の健康も、
まずは食べ物をありがたくいただくところから。
ご厚意で頂戴した大根を
天の恵み、地の恵み、作ってくださった方に
感謝しつつ、いただきました。
からだがじんと温まるような、甘い、美味しい大根でした。


2006年01月09日 (月) 17:58
 今日は、成人の日ですね。
お嬢さんや息子さんが成人式を迎えられた方もいらっしゃるんじゃないでしょうか? おめでとうございます。

 私の姪も、今年成人を迎えました。
孫の晴れ着姿を見るために、母は朝6時30分に出かけて行きました。

 この姪っ子は、小さいとき異様に男の人を嫌がる子供でした。
ちょうど、私が結婚を控えていた頃、2才の姪は自分のお父さんやおじいちゃんにも、抱っこされるのを怖がっていました。

 それが、なぜかウチの夫だけは例外で、たまに会うと、ニコニコして抱かれるので、夫は得意げでしたが、お父さんやおじいちゃんは、顔が少々引きつっていたのを、よく覚えています。

 そんな、2才の女の子も、もう立派な大人の仲間入り。
いつの頃からか、お父さん大好きな、おねだり上手になっています。
本当に、月日のたつのは早いものです。

 中2の我が娘も、あっという間に成人式を迎えるのでしょうか。
心のどこかで、「この子の成人式をこの目で見れるかな。」と、
ほんのチラッと思ってしまうのが、この病気の切ないところですね。

 でも、私が2度の乳がんの手術を受け、治療を続けていることは、
2人の子供には、「ただただつらいこと」だけでは無いように思っています。

 世の中には、自分の思い通りにならにことがあること、
病と向き合うこと、自分の命のこと、人間の命のこと、
1日1日がどんなに大切かということ、
そして、どんなにつらいことも人間は乗り越える力を持っていること。

 少しでも、心のどこかに受け止めていてくれるんじゃないかと、
期待しています。

 しかし、今は元気に飛び回っている私を見ているので、「喉元過ぎれば熱さを忘れる」で、何も学び取っていないんじゃないか?この二人はと、疑いたくなる生活態度です。まったく!!

 こんな風に思えるのも、幸せといえば幸せ・・・・・
私は、今年も、切に生きよう。
2006年01月04日 (水) 11:11
明けましておめでとうございます。
VOL-NEXTは本日1月4日(水)11:00から平常通りスタートです!

今年もVOL-NEXTは、たくさんの方々に喜んでいただけるようなサービスを提供させて
いただきたいと思っておりますので、どうぞよろしくお願いいたしします!!

今日から仕事始めという方も多いようですね。
お子さんのいらっしゃるお母様方は、まだまだ子供達の冬休みが続き、ホッとできないわ!というところでしょうか。

きっと、年明けから手術や抗がん剤、放射線を始める方々も多いでしょう。
病院で風邪をうつされないように気をつけてくださいね。


2006年が皆様にとってステキな年となりますように!!

2006年01月02日 (月) 20:08
明けましておめでとうございます。
皆様はどのような年の初めだったのでしょうか。

いつも、年末年始は帰省していたのですが、
今回は年の瀬を感じるヒマもなく大晦日。
東京で初めてのお正月を迎えました。

昨日は曇り空の中、近くの八幡さまに初詣に行ってきました。
さすが、東京だけあって、お参りするのにも人の列、列・・
初詣の混雑は経験していても「並んで待つ」ということは初体験。
40分ほど待ち、順番に神さまにお願い事です。
そして「おみくじ」
年の初めに引いたおみくじは
いつも気持ちが引き締まります。

「中吉」
「仕合せはそこまで来ている・・」

でも、人はなかなかそれに気づかないものです。
日々の生活の中で
多くの人との出会いの中で
「仕合せ」も含めて、いろいろなことに
気づくか、気づかないか、
気づき方も、感じ方も、ひとり一人 違う・・・

自分のこころに向き合い
自分のからだの声に耳を傾けて
そして、
こころのアンテナを“ピッ”と 立てて
しっかりとキャッチしたいものですね。

いよいよ
がん患者生活コーディネーター養成講座が始まります。
多くの人と出会い、学ぶことで
自分らしい生き方が見つかるでしょうか。
わくわくします。

「仕合せはそこまで来ている」
2006年のスタートです。


2006年01月01日 (日) 12:21
あけましておめでとうございます。
2006年、新しい年の幕開けです。

元日の東京は薄曇り。
昨日までのピーカンの天気ではありませんが
それでも、近所の神社の参道には
たくさんの人が並んでいました。
鰐口(拝殿の前の鈴)を、勢いよく鳴らし
お賽銭を投げ、手を合わせ祈願をしました。
自分の健康、家族の健康
長男の受験合格、次男の就学
そして、VOL-NEXTのこと。
…100円じゃ足りないよ!と、神様から言われてしまいそうなほど
たくさんお願いをしてきました。

1月21日から
「がん患者生活コーディネーター養成講座」が始まります。
VOL-NEXTにとって、とても大きなチャレンジです。
それは同時に
コーディネーター養成講座にお申し込みくださった方にとっても
大きなチャレンジなのだと思うのです。

「がん」は、悪いところを切除したからもう大丈夫、という
病気ではありません。
その後何年も検診をし、食事や運動にも留意を続け
治療の副作用・術後の不自由さとつきあいながら
生活していくことになります。
がん患者生活コーディネーター養成講座は
「がん」という病気についてだけではなく
それに伴う生活の情報やケアの知識をも含めて学び
なおかつ、それを他の方にお伝えできるよう
習熟していただく講座です。
ご自身・ご家族の経験を生かし
さらなるものをつかもうとされる、皆さまのチャレンジ精神に
私は心から感服しています。

1月21日、お会いできるのを楽しみにしています。

「そんな大きなチャレンジはできないのだけど
 何かやってみたい」という方もおいででしょう。
「NEXTER」に参加して、ご自分の経験を生かす、という
チャレンジをしている方もたくさんいらっしゃいます。
現在、NEXTERの皆さまには
治療の副作用についてのアンケートや
がん患者向け商品のモニターなど
いろいろなことをお願いしています。
「がん」の経験は、同じような治療をしていたとしても
ひとりひとり違っているものですが
違っているがゆえに
そのひとつひとつが
QOL向上のための、とても大切なヒントになります。
NEXTERという場で
ご自分の経験を生かすことから、はじめてみてはいかがでしょうか?
NEXTERの登録は、こちらから承っています。
(現在、乳がんの患者さんのみとなっております
 ご了承ください)

皆さまの、VOL-NEXTの(そして私の)
それぞれのチャレンジが、
今年一年の日々を照らすエネルギーとなりますように。
そして、大きな実を結びますように。

今年もよろしくお願いいたします。

copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。