あなたとともに・・・VOL-NEXT社員の日記です。
--年--月--日 (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005年12月25日 (日) 13:23
すっかり、ご無沙汰してしまいましたが、皆さん楽しいクリスマスをお過ごしでしたか?日本全国、ホワイトクリスマスのところが、多かったようですね。異常な雪の量でクリスマスどころではない地域もあるようですが・・・

 東京は、相変わらずカラカラの乾燥注意報中ですね。
風邪を引かないのが自慢だった私も、先週は喉と鼻にくる風邪にかかってしまいました。抗がん剤治療中のお客様もいらっしゃるので、風邪菌は厳禁の弊社。曽我提唱の加湿を心がけて、風邪菌退治、実行中です。

 今年も、残すところ4日になってしまいました。
ほんとうに、アッと言う間のようであり、1月からの事を振り返ると、
ずいぶん時間がたっているような気もします。

 乳がんの手術をした年も、同じような感覚に捉われました。
6月に手術をして、放射線と同時に、ホルモン療法が始まり、患者会に入り、いろいろな患者仲間と知り合い、落ち着いたと思ったら、対側に新たな乳がんが見つかり、新年早々に手術を控えた、
年の暮でした・・・・・

 あっという間でもあり、今までになかった新しい経験をたくさんしたので、なんだかすごく、長い時間を過ごしたようでもありました。

 今年も、VOL-NEXTの仕事を通じて、新しい出会いや新しい経験をさせていただきました。だから、とてもたくさんの時間を過ごしたような気持ちになるのかもしれません。

 ただ、今年やり残したこともたくさんあるので、それを考えると、アッという間だったと、言い訳を言いたい気持ちにもなってしまいます。

 来年は、いよいよ、「がん患者生活コーディネーター 乳がん編」の講座が始まります。新たな、出会いと、新たな経験が待っていてくれるのだと、思います。

 今の私のテーマソング
  「地に足つけ、頭雲ぬけ、進む前に前に前にー」
           今をときめく ジェフテックの曲です。

 望みは高く、でも、着実に一歩ずつ、しっかり、進む・・・

今年の、皆様との出会いと、NEXTスタッフみんなに感謝しつつ、
新しい年を迎えたいと思います。

 本当に、今年は、どうもありがとうございました。
スポンサーサイト
2005年12月16日 (金) 03:31
東京も随分と寒くなってきましたが、今年は例年に比べて寒くなるのが早いようですね。

ここのところ、VOL-NEXTは新たな事業にチャレンジしています。
すっかりブログの更新が停まっている言い訳でもあります・汗。(ブログを楽しみにしてくださっている方々には申し訳ありません!!)

少し前に募集の始まった、VOL-NEXTのお仕事をお手伝いしてくださるNEXTERには、多くの皆様にご登録頂き、少しずつですが、私どもの仕事のお手伝いをしていただいています。
そして来年から始まる、がん患者コーディネーター養成講座もいよいよ募集が開始となりました。
そんな中、NEXTERやコーディネーター養成講座、「ちょっと興味があるけど、私にできるかしら?」と申込を躊躇されている方もいらっしゃるのではないでしょうか?
新しいことにチャレンジするのって、ものすごーく勇気がいりますよね。
その気持ちとってもよくわかります。
なぜならば、私自身がそうだったからです。

そもそも私たちVOL-NEXT(ボルネクスト)のメンバーは、代表の曽我か創ったVOL-Net(ボルネット)という患者会に入ったことが始まりです。
3年前、インターネットの中の乳がん患者メーリングリストで、その会の運営メンバー募集のお知らせがかかりました。
丁度その頃私は抗がん剤によって脱毛し、かつら選びに失敗し、一時は家から出ることが出来なくなってしまい、試行錯誤を繰り返し、やっと立ち直った直後で、この経験を何かに生かしたいと思っていた頃でした。
でも、インターネットなんかで知り合った人たちに会うこと事態、私にとってはありえないことでした。
だって、どんな人がいるかわからないじゃないですか。いくら乳がん患者で同性だとは言え、やっぱり中には変な人とか面倒な人とかいるんじゃないかしらとか、ちょっと怖いと思うのも当然ですよね。
がしかし、散々悩みに悩み、勇気を振り絞って患者会の申込をしたのです。
そんな私でしたが、今ではVOL-NEXTの社員として働いています。(現在はボルネットは患者会、ボルネクストはがん患者サービス事業会社として別々に運営されています)
ここまでやってきて、私が自信を持って言えることは、あくまでも「ごくごく普通の人」であるということです。
大勢の人たちに役立つためには、「普通」であることもとても重要なことのひとつであると思います。
勿論、人とは違った才能を持っていれば、それはそれで素晴らしいことであるのは言うまでもありません。

それから患者さんの中で、「私は抗がん剤をしていないので大した苦労してないのでNEXTERとしてあまり役に立たないのでは…」とおっしゃる方がいらっしゃいますが、そんなことはありません!
がんを経験していて、患者としての意見を率直に答えてくださるだけで、そしてその数がお1人でも多ければ、信憑性が確かなものとなります。

がん患者コーディネーター養成講座は、これまた一歩踏み出すにはNEXTER以上に勇気がいると思います。受講料も発生するものですので、疑問などがありましたら、どんどんお問い合わせください。
例えば、抗がん剤治療と講座の時期が重なる場合は、なるべく週の前半(月曜、火曜あたり)に抗がん剤を受け、土日の講座日に体調が回復しやすいようにする、などとアドバイスさせていただいています。
何か他にも不安になっていることも、案外簡単に解消されるかもしれませんので、何かありましたらお気軽にご連絡ください。
それと、この講座はがん患者さん以外の方も受講することが可能です(条件はありますが)。
がん患者さんと関わるお仕事をされている方にも、きっとお役にたつものだと思います。

私自身が今、この仕事をしていて良かったと思う時は、お客様が笑顔を見せてくれた瞬間です。
その笑顔を見て、本当に毎日励まされます。
いろいろ大変なことも多いですが、その笑顔で頑張れます。
それも3年前、勇気を振り絞った小さな一歩からが始まりです。

皆さんもそれぞれの勇気の一歩、踏み出してみませんか?

copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。